Kaoru Mansour

作品を見て思い出すこと

アートKaoru MansourComment

ギャラリーに預けていた古い作品をピックアップに行きました。

IMG_5118.jpeg

この作品の事はすっかり忘れていました。でも手に取った途端、作った時の情景がパ〜っと頭に浮かびました。息子はうちから車で30分かかる中学校に通っていました。放課後、学校の周りが子供を迎えに来た親たちの車で混雑します。だから早めに行って時間をつぶしていました。

義理父と妹

義理父と妹

最初の作品は、その時間つぶしのために作った作品です。サイズは10インチ正方形ですから約25cmの正方形です。校門あたりをチラチラ見ながら車の中でせっせと糸を針にかけていました。他の時間つぶし作品は売れてしまったのですが、一つ残っていてなんだか嬉しいです。

義理父の妹

義理父の妹

息子

息子

上の作品は息子が小さい時、シーリングファンの熱狂的なファンだったので作りました。いつも寝る前にはシーリングファンのカタログを読まされていました。ファンの直径、回るスピード、等全部暗記していたのですよ。カタログは5、6冊ありました。変わった子供でした。

義理母の兄

義理母の兄

上の作品は義理母のお兄さんです。会った事はないのですが、彼が亡くなった時、義理母からあまり幸せとは言えない彼の一生を聞かされました。その時彼に何かしてあげたい。と思って作った作品です。

旦那

旦那

これは旦那が5歳の時です。ジャケットがいいでしょう?もちろん顔つきは今56歳の彼とは全然違います。でも、よく見ると目だけは同じなんですねえ〜。

作品はできの良し悪しに関わらず、時間が経つと写真アルバムのように楽しめます...いや、楽しめる時もあります。なんじゃこれは?と落ち込む時もあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生活ブログ”ART パンツ” 
こちらも、よろしくお願いいたします。