Kaoru Mansour

どんどん広がる

アートKaoru MansourComment

最近、
旦那はチェロ、木琴、
オーボエ、ベースクラリネットの
作曲をしているらしいのですが、

書いていると、
どんどん長くなっていくので、
もう少し短くまとめなくては。
と、言っていました。

私が作品を作る時そういう事は殆どないです。

たま〜〜にあるだけ。 

これは、2枚別々に作って
何か物足りないからくっつけました。

これと

これは、どちらもつまらないので
2枚貼り付けて、それでも足らないので

違う紙をまた貼り付けて
どんどん大きくなりました。

でも、こういう事はまれで、

普通、作品を作る前に紙のサイズや
キャンバスのサイズを決めて、

その中で作るものだと
思っているような気がします。

サイズの枠を外して
もっと、
柔軟に作業をする練習をしなくては。

亡くなったアーティスト友達
Franklyn Liegelが
約3cm正方形の作品を何千個も作って
スタジオに置いていた話を聞きました。

彼は、その小さいタイルを使って、
サイズを決めないで柔軟に作って
いたんだなあ〜

3Dの作品だと自然にできるような
気がしますけれど、

平面になるといきなり
サイズから入るのは
まだまだ、かたい。石頭です。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

生活ブログ”ART パンツ” 

こちらも、よろしくお願いいたします。