Kaoru Mansour

10/03/2016 コンピューター

生活Kaoru MansourComment

今日は絵を描きながら、デスクトップのメインのソフト
(何の事か分かりますか?
名前を知らないので、適当に書いているのです。)
をアップデートしました。

次から次へと出てくる、
パスワード、インストール、アクセス、等のウインドウ。
意味が分からないので、言われるとおり打ち込みました。

この気持ち、
病院の検査前に出された用紙にサインするのに似てる...
殆どno clue

<スタジオは相変わらず散らかっていますけれど、
コンピューターのスクリーンも同じですねえ。>

やっと、インストールが終わりました。
but
見えますか?iPhotoのアプリが使えないのです。
アップルショップからダウンロードもできない。
検索して、同じ問題がある人達の解決法をやってみましたが、
『できない』と納得するまで4時間かかりました。

ムキになり過ぎた....
外を見ると暗くなっていました。

去年、Gay Hendricksの "THE BIG LEAP"
と言う本を読んだ時、
『出来るだけ、自分の不得意な事に時間を費やさない』
と言ったような事が書いてあったのを思い出しました。

しかし、どうして新しいソフトを
ダウンロードしようと思ったのか....
あっ、思い出した。iPhoneのソフトをアップデートしたら
古いデスクトップのiPhotoに写真を送れなくなったからだった。

さわらぬ神にたたりなし
でした。