Kaoru Mansour

ウォークショップ2

Kaoru MansourComment

今回のウォークショップにタイのナショナルアーティストが3〜6人参加されました。日本で言う『人間国宝』でしょうか?その中の2人と何回も言葉を交わす機会があったのですが、(私の近くで制作をしておられた。英語を話されます。)2人とも、絵画、彫刻、版画、焼き物、等、何でもこなされるのですよ。

IMG_2169.jpg

1日目の制作でキャンバスにアクリルの絵を描かれていたかと思えば、2日目は版画。アトリエに招かれたら自作焼き物がズラリ。船に乗ったらスケッチブックに水彩画をスラスラ。街を走ると彼らの作った大きなスティールの彫刻があちらこちらにあります。

制作する引き出しが多いのなんのって。私のように数少ない手法しか知らないアーティストとは全然違います。色んな事ができるから時間の制限があっても臨機応変に楽しんでできるのだなあ〜と思いました。

それに、みなさん国の芸術を活性化するため、講演やウォークショップで忙しくされているようです。場数が私とは全然違うのですねえ。

旦那が年齢、言葉を超えて他のミュージシャンと一緒に演奏している姿を見て「いいなあ〜」と思っていましたが、今回のウォークショップではいつも一人で作業をしているアーティスト達が自分のアトリエや国から出てきて一つの制作場所に集まったので、なんとなく普段とは違う繋がりを感じました。共通している事は”みんな作品を作るのが大好き。”です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生活ブログ”ART パンツ” 
こちらも、よろしくお願いいたします