Kaoru Mansour

ウォークショップ1

Kaoru MansourComment

タイでウォークショップ(制作デモンストレーション)をするのは今回で2度目です。1回目(2014年)は時間の配分やコンセプトを決めないでやったので最後は時間、使いたい材料がなくて納得のできる作品ができませんでした。前回も今回も作品は2日間で仕上げて美術館や大学に寄付をする事になっています。

 workshop #1 クラビ美術館

workshop #1 クラビ美術館

で、今回はロスのスタジオで気に入った紙にあらかじめ1〜2のイメージをコラージュして紙のふちにエアブラシをして持っていきました。後はタイでどうするか決めようと思ったのです。

ところが、このコラージュの作品はもう何年もやっているので仕上げるコツが分かっています。スイスイと終わってしまいました。2日間のウォークショップ、1日で出来上がり...(これはまずい)何か新しい作品に使える物が落ちていないかと、作業をしているビルディングの周りを歩いていたら、上の木のかたまりが捨ててありました。これで明日何か作ろうと夜アイデアを考えていたのですが、5〜6時間で完成させる自信がない。

で、木に紙をくっ付けるアイデアから浮んだのが上の作品です。キャンバスをナイフで切って穴を空けています。これを作る過程はとても楽しかったです。自分でもどう言う風に終わるのか分からないのですが、作っていてなんとかなると思える作品でした。またまた抽象的な書き方ですみません。サイズは30cmx30cm

 workshop #3 ノースバンコクテクノロジー大学

workshop #3 ノースバンコクテクノロジー大学

これに味をしめて、次のウォークショップは、また最初ロスから持って行ったコラージュと遊び(上)、あと向こうで用意されたキャンバスを貰いに行ったら、なんと80cmx 100cmぐらいのが一番小さいと言うのです。(ひえ〜〜〜!)でも、思い切って始めました。

IMG_2209 copy.jpg

サイズが大きいので超スピードで丸を切り続けました。そして貼っても貼っても間がもたないので分厚いビニールのような板も丸く切ってくっ付けました(これがよかったのかどうか今でもよく分からない。)切る、くっ付ける、切る、くっ付ける、そしてタイムアップ。今回は消化不良の作品になりました。(あと1日あったらなあ〜〜)

決まった時間に手持ちや用意されただけの画材で作品を仕上げる。紙のコラージュ作品はそれなりにうまくいきますが、作っていてなんだかつまらなかったです。やっぱり私にとって制作の醍醐味はよく分からないところに入って行く事です。

今、午前3時半をまわっていますが眠くない....完全に時差ボケ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生活ブログ”ART パンツ” 
こちらも、よろしくお願いいたします。