Kaoru Mansour

プログラムの本当の意図

Kaoru MansourComment

何ヶ月か前、旦那が会員になっている”CHAMBER MUSIC AMERICA"からアンケート用紙が届いたそうです。内容は黒人、ラティノ、等のための奨励金のアイデアだったらしい。それを読んで、旦那は” 音楽は音楽の内容だけで決めるべきだ。人種、性別、等は考慮すべきでないと思う。” と書いて送り返したそうです。

IMG_2585.jpg

私も「音楽コンペでアジア人の女と言うのが有利になって奨励金をもらってもあまり嬉しくないな。」と思いました。ところが、その旦那のアンケート用紙は多くのアンケートの意見とは違っていたらしい。団体のミーティングで異例の用紙として読まれたそうです。

IMG_2586.jpg

もし、奨励金のためのスクリーンで人種による差別があったなら話は別だけれど、いつも旦那が応募する楽曲のスクリーンは会員番号だけで、審判委員には名前も人種も、性別も分からないのですよ。もし、団体のイメージをよくするために人種を使っているのならば、動機が不純だなあ〜と思いました。もう少し、フォローしてみよっと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生活ブログ”ART パンツ” 
こちらも、よろしくお願いいたします