Kaoru Mansour

人それぞれの感じ方

アートKaoru MansourComment

知り合いの展覧会を見に行きました。

ははは、面白い...と最初思って、悲しい状況なのかな?とも考えました。

これは2日前に見た美術館の像です。

これも最初笑ってしまいました。
カッパがポーズをとっている様に見えた。

<多分19世紀 インド>と書かれていました。

こう言うのとか、

こう言うの。

きっと、顔や手や動物、等に色々な理由があって、その時のインドの歴史があって、それを聞いたら笑ってはいられない状況かもしれないな...と思い直しました。

同じ作品を見ても人によって面白いと思ったり暗いと思ったりする。それは私達それぞれの違った経験からくる感情でしょうか?

ずっと前アーティスト友達とマーク ロスコの展覧会に行きました。後で、彼女が『なんと深い鬱を感じる絵だろう。』と言ったのでビックリしました。その時の私に鬱は感じなかったのです。

あれから25年近く経ち、去年またロスコの作品を数点見る機会があったのですが、その時はなんだか深い悲しみを感じたです。25年の間に私に何が起こったのかは知りませんが、今なら彼女の言った事が少し分かる様な気がします。彼女は逝ってしまいましたが、『やっと分かってくれたか。』とニンマリする顔が見えそうです。

(最初の2つはSachiko Mikiさんの作品です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生活ブログ”ART パンツ” 
こちらも、よろしくお願いいたします。